HOME > 新築
自由設計 重量木骨の家
構造用集成材
1893年にドイツで誕生して以来100年以上の歴史を持つ集成材。 接着技術が格段に進歩した現在では、少なくとも100年の耐久性を持つといわれ、新世紀の建築部材として大きな注目を集めています。
日本の住まいづくりは、建築基準法の改正によって「仕様規定」から「性能規定」へと移行し、部材については性能の明確な表示が求められるようになってきました。
集成材が注目されているのは優れた耐久性に加え、高い強度とその均質性。
こうした特性が明確な性能表示と信頼に足る構造計算を可能にし、公共建築物などの大規模な木造建築にも集成材が普及しています。
木材は鉄骨と比べると比重が軽い上に強度が強いという特長があります。
木の欠点を取り除いたラミナを用い、高性能の接着剤で圧着しているので、無垢材の約1.5倍の平均強度を備えています。
そのため設計面での優位性、経済性の観点からも多用されるようになってきました。
自衛隊の掃海艇(そうかいてい)は木造船で、構造用集成材によって製造されています。
建築基準法で集成材の防火性能が認められているのは、加熱による強度の低下が少なく、燃えても倒壊の危険性が低いからです。
火災時の木材の炭化スピードは1分間に0.6~0.8mmといわれており、例えば20分間火にさらされたとして12~16mm、両側から燃えたとしても24~32mm程度しか炭化しません。
よって構造計算上必要な燃えしろ設計を加味すれば、高い安全性が確保できます。
構造用パネルと間柱を使用して外壁面とバルコニー手摺り壁をあらかじめ工場で製作し、現場に搬入します。
躯体と平行しながら据付けを行い、上棟当日に外壁下地まで完成することが可能となります。
木材の小片を接着剤を用いて接着し熱圧成形等を行ったOSB構造用合板を、海外から直接輸入して安定供給しています。
厚み9mmで壁倍率が最低2.5倍(釘ピッチにより最大3.5倍)。
軸組み+構造用パネルで建物を固めることにより耐震性も向上します。
※外壁はパネル組みになっているので、上棟日の夕方には屋根まで終わらせます。
※建築中のお施主様の住宅が雨ざらしになる心配もありません。
接合金物は梁や柱の断面欠損が少ないため、高い強度を維持する事ができ、乾燥収縮の影響もほとんどありません。
梁と梁、柱と梁、土台と柱をつなぐ重要な金物を幾度ものテストを繰り返して選定し、シンプルなまでに洗練された強度のある構造体となりました。
特に力が集中し易い一階の四隅の柱脚は金物を使用。
基礎に緊結、最大50KNの許容耐力があります。
在来工法では、筋交の力が発揮される前に土台から破損する事もあります。
これでは、筋交の力が十分発揮されません。土台に割れが発生する場合もあります。
柱の断面欠損が少なく接合部の強度が高く、ドリフトピンにより、ガタがなく乾燥による影響がないです。
在来工法のほぞ欠きは、柱梁の断面欠損が大きい接合部分の強度が低く、乾燥によりガタがでることがあります。

高耐久性木造住宅

※写真をクリックするとその他の画像と詳細が見られます。

高耐久性木造住宅施工例

shinchiku_koutaikyu01

庭を眺められる1階は親世帯。光あふれる2階・3階は子世帯に。それぞれ魅力ある空間です。

shinchiku_koutaikyu02

バリアフリーとデッドスペースのない収納豊富な家。気配りと思いやりにあふれた、暮らす人の心地よさにこだわった住まい。

shinchiku_koutaikyu03

子供の成長に応じて自由自在に住める大空間の広がりが気持ちいい家。

shinchiku_koutaikyu04

品質・精度・強度共に安定した集成材と、独自に開発した特殊金物で緊結。

shinchiku_koutaikyu05

格式ある和室と、高級ホテル調のカーペット等を取り入れた和洋折衷の住まい。鯉がいる見飽きない中庭の池も癒しの空間です。

shinchiku_koutaikyu06

家族みんなの「こうしたい」を実現した掘りごたつのあるくつろぎの家。

shinchiku_koutaikyu07

2階子供部屋にも吹き抜け方向に内窓があり、1階リビングにいる奥様にもお子様の声がよく届く「つながりのある家」です。

shinchiku_koutaikyu08

玄関ホールが広く、右手に下足室、左手には土間・板間。ちょっとした談話室になり、とても便利です。

shinchiku_koutaikyu09

1Fは常に子供達とすごせる広々リビングと和室。2Fは将来2部屋にできるよう、ドアを2カ所付けた洋室と家族全員で使うウォークインクローゼットがある家。

shinchiku_koutaikyu10

くつろぎ空間が2Fにあり、家族が同じ時間を共有できる間取りで、1Fにウォークイクローゼットと階段下収納がたっぷりの理想的な家。

11

前宅より思い出の手すりやドアなどを新築に持ち込み、再利用しております。

木造住宅

※写真をクリックするとその他の画像と詳細が見られます。

木造住宅施工例

shinchiku_mokuzo01

強い構造とシンプルなデザイン。住み心地を重視する家です。

shinchiku_mokuzo02

玄関ポーチ横の外壁をアール状にデザイン。雨戸はすべてシャッタータイプにし、2階ベランダもすっきり納め、シンプルかつシャープに設計。

shinchiku_mokuzo03

和風庭園に調和した数寄屋風の純和風住宅。年々魅力を増す凛とした自然素材の家です。

shinchiku_mokuzo04

地盤改良と丈夫なベタ基礎と配筋により、住宅の重み・地震・台風・様々な力から住宅を守ります。

shinchiku_mokuzo05

旧家の横に建っていた蔵を解体し、使える構造材をそのまま使用し、復元しました。

鉄骨造住宅

※写真をクリックするとその他の画像と詳細が見られます。

鉄骨造住宅施工例

shinchiku_tekkotsu01

建物の躯体のみ鉄骨を使い、内部は木造とし、大空間の部屋を自由設計した家です。

shinchiku_tekkotsu02

鉄骨の柱と基礎をつなぐベースパックで骨組み。外壁は軽量で断熱性・耐火性に優れているALC材を使用。